企業で働く人たちを支える産業看護師の仕事とは?

企業で働く産業看護師

看護師が働く職場は病院がメインですが、それ以外の職場でも看護師の活躍の場が増えてきています。 そのうちの一つで人気が高い職場が企業で看護師として働く産業看護師という職業です。
日勤常勤看護師の求人はどこを選ぶ?

企業で働く従業員の方の健康の指導、相談、サポートなどを行う事が仕事内容になります。 近年はストレス社会と呼ばれて久しいですが、企業で働く方が病気にかかってしまったり、精神的なストレスを抱え込み、体調が悪化するという方も増えています。

産業看護師はそういった方のケアをして、気持ち良く仕事ができたり、スムーズに仕事に復帰できるように手助けをしていきます。 企業では定期的に健康診断も行っていますが、準備や運営のフォローなども看護師が行う仕事になります。

産業看護師は最近人気が出てきています。 その理由は仕事の環境。 病院で働く看護師は常に慌ただしい空気と緊張感の中で日々働いています。

夜勤もありますし、休日の呼び出しがあったりと体力が必要なハードな仕事です。 そのため、疲れてしまって看護師自体を辞めてしまうという方もいます。 そういった方が看護師の資格を生かしながら、落ち着いて働ける職場という事で最近は人気が出てきているのです。

産業看護師は企業の一般職と同じ勤務体系になるため、基本的には朝から夕方までが定時となっており、夜勤はなく、残業はある可能性はもちろんありますが、過度になる事は比較的少なくなっています。 また、夜勤手当がない分は収入は少なくなりますが、大手企業での産業看護師の場合、比較的待遇も良いのもポイントです。

産業看護師を企業内に配置する企業は規模の大きな企業が多いため、現状、産業看護師となる事自体、待遇が良くなりやすいです。 まだあまり求人は多くないため、時間をかけて探す必要もあるかもしれませんが、一度検討してみる価値はあると言えます。

転職サイトの非公開求人などで紹介してもらえたりもするため、登録して、アドバイザーの方に相談をしてみるのもお勧めです。


看護師の転職サイトとハローワークの違い

看護師の方に限らず、転職の際によく利用されるサービスは転職サイトとハローワークです。 この二つはどちらも求人を紹介してもらえるという点では同じですが、それぞれに特徴があります。

まずハローワークですが、こちらは公的な施設のため、安心感という面では大きいです。 全て無料でサービスを利用する事ができ、求人の紹介や相談をする事ができます。 デメリットとしては直接行かなくてはならず、込み合っているので少し大変です。

次に転職サイトですが、こちらは民間のサービスのため各社競争しており、サービスの品質は年々高まってきています。 こちらも無料で利用する事ができ、アドバイザーによる求人の紹介とカウンセリング、面接の練習のサポートや非公開求人という一般には公開されていない限定性の高い求人の紹介などもあります。

カウンセリングなどは面談という形で行いますが、担当のアドバイザーが付くため、メールや電話でのやり取りというのも良くあります。 このように見ると転職サイトの方がサービスが良いと感じるかもしれません。

しかし、紹介してもらえる求人に差があったり、二つとも得られる情報というのは違ってくるため、念のため併用する事をお勧めします。 併用して複数の選択肢から検討する事で、偏りもなくなりますし、より良い条件があったのに別の求人で決めてしまったという事も防ぐ事ができます。

最近は転職も一般的なものになってきており、看護師の方でも転職経験のある方は多いです。 専門性の高さもありますし、家庭や育児との両立が理由で退職してしまう方もいるため、看護師業界は常に人手不足に悩まされているという状況です。

職場によっては多少の条件を飲んでもぜひ来てほしいという所も多いです。 そのため、交渉次第で高待遇で迎え入れられる可能性も高くなります。 最近はこういった転職の環境も整ってきて、スムーズに仕事探しができるようになっていてとても便利です。 まずは各サービスに登録をしてみて、転職活動をスタートしてみる事をお勧めします。